拒食症は怖いの解説。
ダイエットの泉
拒食症は怖い

拒食症とは、いっぱい食べた後、全てを故意に吐くというものです。 拒食症で痩せた場合、頬はコケ、肉がついていなく 骨と皮になってしまうといった様に、見た目にも健康的そうではなく、体にも負担をかけます。

ダイエットで拒食症になってしまった人は、どれほど痩せても 自分の目では痩せていると思えず、まだ肥満だと錯覚してしまう。 拒食症が続くと、 死に至る危険性もあります。

拒食症は精神的な問題が関係しているので、克服は難しいといわれています。正しい知識とやり方でダイエットすると成功しますが、 正しくないと健康な体を失ってしまいます。なぜダイエットしたいのかという目的を考え、成功に向かって身も心も きれいになれるダイエットをはじめましょう。


ダイエットの泉(健康的にダイエット)トップページ

Copyright ダイエットの泉(健康的にダイエット!)All right reserved; 2007
  Designed by 無料素材如何