ビールは本当に太るの?の解説。
ダイエットの泉
ビールは本当に太るの?

よく「ビール腹」とという言葉を聞きますが、はたして本当にビールを飲むと太るのでしょうか。 ビールの成分調べてみると、太る要因となる成分としては少しのたんぱく質と糖分があるだけです。アルコール分も4〜5%。 例えば日本酒は15%、ウィスキーは43%(ウィスキーは水で割る人が多いのですが)ビールにはそんなにカロリーも高くありません。 ということで、ビールは飲むことで太るという危ない飲み物ではないのです。

しかし、気をつけなければならないのは、ビールに含まれているホップです。 そのホップの苦味が刺激となり消化液の分泌を促し、おつまみなどの食欲を増進させ、 結果として太ってしまうという現実があります。

つまり、ビールそのものには栄養分はないため、太るということはないのですが、 そのときの食事やおつまみがビールを飲むことで消化吸収がよくなり、結果として太ってしまうというわけです。 また、ビールを飲んで、アルコールによって気が大きくなることで、 いつもの食事量より増えてしまうことにも注意が必要です。



ダイエットの泉(健康的にダイエット)トップページ

Copyright ダイエットの泉(健康的にダイエット!)All right reserved; 2007
  Designed by 無料素材如何